+++ご挨拶+++ 

引退後、何度か執筆の依頼があり
書かせて頂いたのですが
「ノーカット版」
を、こちらで公開します。

一部(というか、大半かも?)
聞き覚えのある文章がありますが
ただの「使い回し」です。

新たに書き直すパワーは持ち合わせてないので
その辺は、勘弁して下さい。


2001年 8月


◇第一章◇ 人生の序章 

1999年の夏、7月31日。

突然皆さんの前から姿を消しました、
「元」ストリップ界の異端児、藤乃でございます。


日本全国津々浦々のストリップ小屋にて4年と2ヶ月、
踊り子生活を送ってまいりました。

あれからもう随分と月日が流れました。

bg_04

---続きを読む---

◇第二章◇ Debut~新人時代  

話は逆上って今から○年前。
ストリッパーとしてデビューする2年前です。

ちょうど世間がバブル崩壊の声を聞き、
その影響がAV業界にいた私達にも出始め
『AV藤乃』の寿命が見えてきた頃でした。

「ストリップに出てみないか?」

事務所の社長が話を切り出しました。

bg_01

---続きを読む---

◇第三章◇ 見えた事。 

踊り子生活にも徐々に慣れ、
右も左も解らなかった状況も無くなり
ファンが付き始め、仕事が楽しくなりだした頃
初めての旅がやってきました。

bg_02

---続きを読む---

◇第四章◇ 現状は・・・。  

私は事務所柄、アイドル小屋から本番小屋まで
まんべんなく巡業(どさ周りとも言う)させて頂きました。

「楽屋マナー」
「しきたり」
「舞台での魅せ方」

など、色々教えて頂きました。

bg_03

---続きを読む---

◇最終章◇ 望む事。  

今まで生きて来て、
色んな仕事、色んな人と出会いましたが
ここまでハマッた仕事は、「ストリップ」だけでした。

たった4年だったけど全身全霊注いだ舞台。

お客さんよりも、誰よりも愛した現場なのです。

bg_05

---続きを読む---